大田区の高級住宅街・田園調布の魅力とは?避暑地のような住み心地が人気 | リノベーションスープ

  1. リノベーションスープ
  2. 不動産のこと
  3. 大田区の高級住宅街・田園調布の魅力とは?避暑地のような住み心地が人気

大田区の高級住宅街・田園調布の魅力とは?避暑地のような住み心地が人気

田園調布の魅力とは?シックな高級住宅街の住み心地

〈東京の高級住宅街、今こそ選ばれる6つのエリア!〉では、高級住宅街の条件をご紹介しました。高級住宅街の条件をあらためて明記すると

・高台にある

・戸建てがメイン(マンションは無い、もしくはごく一部)

・一戸の区画が大きい

・街に規模感がある

・デザイン性の高い住まいが多い

・しっかりと整備され、道幅が広い

・高級住宅街としての歴史がある

…この条件をすべてクリアした真の高級住宅街を順番にご紹介したいと思います。今回はその1つ、大田区の高級住宅街・田園調布です。

大田区の高級住宅街・田園調布は、まるで”避暑地”のように涼しげな街並み

田園調布の魅力とは?シックな高級住宅街の住み心地

大田区の高級住宅街・田園調布の特徴といえば、美しい街並みです。

ゆったりと広い道路には、銀杏の街路樹が大きな影を落としています。日差しが強い日も、この樹々のおかげで涼しく移動できそうです。ふと見上げると、どの家も庭の塀から木の枝があふれ出すようで、避暑地を歩いているような気分に。

同じ高級住宅街でも、例えば松濤エリアだと塀が高い家が目立つのですが、こちらは低い生垣や石垣でさりげなく目隠しされています。昔からの住民が多く、近所付き合いが深いためかオープンです。こうして歩いていると心地よいのは、そのためだと思います。

大田区の高級住宅街・田園調布の美しさは、厳しいルールで成り立っている

1918年に東急電鉄の創業者・渋沢栄一の理想によってつくられた大田区の高級住宅街・田園調布。田園調布駅の西側は、ロータリーを中心に路が扇状に広がります。パリの凱旋門に見られるエトワール式道路をモデルにしているそうです。

かつては一区画200坪が最低敷地面積とされていたため、今でも大きな邸宅ばかり残っています。※現在は165平米が最低敷地面積とされています。

田園調布憲章によって建物のルールが定められている

田園調布の魅力とは?シックな高級住宅街の住み心地

また大田区の高級住宅街・田園調布には〈田園調布憲章〉という建物のルールがあります。地元の自治会によって定められたもので、建ぺい率・高さ制限・セットバックなどが厳しく規制されています。

・建物の高さは9m、地上2階まで
・土地は165平米を下回らないように
・ワンルームの集合住宅はNG
・駅前と商業地域を除いて、店舗をつくらない
・できれば植栽の石垣を設ける。
・塀を設ける場合は、フェンスまたは柵のみで高さ1.5m以下

これらはほんの一部で、〈田園調布憲章〉にはまだまだ細かなルールがあります。リノベーションの際もこうしたルールを守りながら行うことが大切。大田区 田園調布の美しい街並は、こうした厳しいルールのもとで守られているのです。

田園調布の魅力とは?シックな高級住宅街の住み心地

若い方だと大田区の高級住宅街よりも、都心に近くて便利な渋谷区や港区に魅力を感じる人が多いかもしれません。しかし、一度こういった昔ながらの高級住宅街に足を運んでみてください。

石づくりの重厚な塀、建築家に寄ってこだわってデザインされた外壁、各家の完璧な調和。圧倒されるような高級感が街全体にただよっており、なぜ田園調布が高級住宅地の代名詞となったかが、語らずともわかるはずです。とくに西口の田園調布3丁目から4丁目は群を抜いた高級エリア。豪邸ばかりで、普通の家を探すほうが難しいほどです。

通りを歩いていても静かで、子育てもしやすそうですし、老後もずっと住み続けられそうです。実際、電動自転車に乗って幼稚園にお迎えに行く母親の姿をたくさん見かけました。

大田区の高級住宅街・田園調布での暮らし

田園調布の魅力とは?シックな高級住宅街の住み心地

〈移動〉
高級住宅街は坂の上に位置するものですが、こちらも田園調布駅からゆるやかな坂道を上がったり下りたりします。しかし急な坂ではないため、歩いていてキツいという印象は全くありません。ただし、お子さまのいる方は99%電動自転車でした。

〈買物〉
西口エリアの住宅街にはスーパーどころか、自販機すらありません。しかし駅前の〈東急スクエアガーデンサイト〉には、スーパー・書店・パン屋・銀行などがそろっています。また東口エリアは飲食店が豊富なので、駅前でひと通り買物ができそうです。

〈学校〉
大田区立田園調布小学校も田園調布中学校も駅のすぐ近く。また、制服を着た女の子とお母さんが歩いている様子を多く見かけました。幼稚園から高校まで一貫の田園調布雙葉幼稚園の生徒さんです。このエリアでは、私立を選択する方も多いようです。

〈掃除〉
家の前にはクリーニングサービスや芝刈り業者の車が停まっています。これだけの大きさの家を維持するのは大変ですから、サービスを利用する人が多いようですね。

大田区 田園調布で暮らすのはどんな人?

大田区の高級住宅街・田園調布で暮らすのは、都心のタワーマンションではなく、ゆったりとした邸宅を求めている人です。

正直、都心で働いているなら港区や渋谷区で暮らした方が便利。通勤・通学時間も短くなります。それでも田園調布で暮らすのは、静かな住宅街に住みたいから。たとえば昼間は大手町の高層ビルで働き、夜は銀座でお酒を飲んだりしている方が田園調布に帰ってくると、あまりの静けさに驚き、そして心の底からほっとします。

大田区の高級住宅街・田園調布にマンションはあるの?

田園調布の魅力とは?シックな高級住宅街の住み心地
三井のリハウス

田園調布駅の西口付近には、マンションは一切ありません。どこまでも戸建ての高級住宅が連なっています。しかし商店街のある東口エリア~多摩川駅にかけては、マンションが点在しています。

とくに多摩川駅前の遊園地跡「田園調布せせらぎ公園」周りの高級住宅街(田園調布1丁目)には、〈ブランス田園調布〉や〈田園調布パークマンション〉といった人気物件も。どちらも高台から多摩川駅方面を見下ろす形で建ち、いかにも高級な低層マンションといった佇まいです。低層マンションが中心で物件数が少ないため、空き部屋を見つけるのは難しいという特徴もあります。

東横沿線に暮らす人が「いつかは田園調布で暮らしたいな」と思いながら、マンションの空きが出るのを待っているケースが多いようですね。物件を探す際は、このエリアに精通している高級物件専門の不動産会社に相談しましょう。

まとめ

大田区の高級住宅街・田園調布についてご紹介しました。都内にはたくさんの高級住宅街がありますが、田園調布はちょっと独特のポジションにあります。

成城や松濤、青葉台といった高級住宅街にくらべると、かなりオーセンティックな雰囲気。たとえば軽井沢や那須の避暑地を訪れたように、ゆっくりとした時間が流れています。好みが分かれるところです。実際に何度か足を運んで、空気感をたしかめてみてはいかがでしょうか。

高級住宅街の物件探し〜リノベーションまでサポートいたします。不動産と設計のプロが内見に同行し、リノベーションする価値のある『ポテンシャルの高い物件』だけをご紹介するから安心です。

SHARE ON
クラフト LINE