『バイオエタノール暖炉』で贅沢なひとときを | リノベーションスープ

  1. リノベーションスープ
  2. インテリアのこと
  3. 『バイオエタノール暖炉』で贅沢なひとときを

『バイオエタノール暖炉』で贅沢なひとときを

『バイオエタノール暖炉』で贅沢なひとときを
バイオエタノール暖炉を使ってリノベーション

そろそろ肌寒さを感じる季節ですね。

「今年は暖炉が欲しいな…」なんて考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでご紹介したいのは、人気の”バイオエタノール暖炉”です。

バイオエタノール暖炉の燃料は、薪ではなくバイオエタノールの液体。煙と煤が出ないため、マンションでも設置できます。

ただし、「ほんとうに暖かいの?」「コストはどのくらい?」なんて気になりますよね。これから実例とともに、バイオエタノール暖炉のメリットやコストをご紹介します。

バイオエタノール暖炉とは?

『バイオエタノール暖炉』で贅沢なひとときを
マンションにバイオエタノール暖炉を craft

バイオエタノール暖炉とは、その名のとおりバイオエタノール(アルコール)で燃える暖炉のこと。バイオエタノールの原料は、トウモロコシやサトウキビといった植物です。

石油ファンヒーターのように、一酸化炭素といった有害物質を発生しません。ただし、二酸化炭素が発生するので1~2時間ごとの換気が必要です。ただし、この二酸化炭素は植物に吸収されます。バイオエタノール暖炉は、とてもエコな暖炉なのです。

バイオエタノール暖炉のメリット

バイオエタノール暖炉のメリットを以下にまとめました。

・煙突不要、マンションでも設置できる
・リノベーションで後付けができる
・造作でオリジナルのデザインにできる
・メンテナンスが簡単
・薪暖炉に比べてランニングコストが安い
・炎のゆらぎに癒される

高級感のあるバイオエタノール暖炉は、世界中のハイクラスホテルやレストランで使われています。燃えても煤や煙が出ないため、マンションでも取り付けが可能です。

しかもビルドインタイプのバイオエタノール暖炉なら、マントルピースを好きなデザインで造作できます。リノベーション時に計画すれば、インテリアにぴったりのオリジナルの暖炉をつくることが可能です。

燃料を補給するときは、バーナーのタンクにバイオエタノールを入れるだけ。バーナーの表面に黒ずみが出てきたら、濡れ雑巾でこすったりして落としましょう。薪の暖炉とちがい、基本的には大きなメンテナンスは必要ありません。

「暖炉は好きだけど、面倒なのはイヤ」という方から支持されているのもうなずけます。

バイオエタノール暖炉は本当に暖かい?

『バイオエタノール暖炉』で贅沢なひとときを
バイオエタノール暖炉のマントルピースを造作 craft

「バイオエタノール暖炉ってほんとうに暖かいの?」と聞かれることがあります。

暖かいです。

どのくらい暖かいかというと、薪の暖炉とほとんど変わらないくらい。猫もまどろんでしまいます。

「いやいや、どう見ても炎の大きさが違いますよね」とツッコミたくなるかもしれませんが、理由があるんです。確かに熱出力はバイオエタノール:薪の暖炉=(約)1:2。しかし、薪の暖炉は煙突から半分くらいの熱が逃げてしまいます。じつは、薪の暖炉って燃費が悪いんです。

その点、バイオエタノール暖炉は煙突や排気がないため、熱の9割ほどが部屋に留まります。結果、薪の暖炉と変わらないくらいの暖かさになるんです。

バイオエタノール暖炉の価格と燃費

リノベーションでバイオエタノール暖炉を取り入れる際、気になるのが価格とランニングコストですよね。クラフトでもお勧めしているバイオエタノール暖炉「eco smart fire(エコスマートファイヤー)」を例にご紹介します。
 

バイオエタノール暖炉の価格は?

まず、室内用のバイオエタノール暖炉には置き型タイプとビルドインタイプがあります。

置き型タイプは160,000円(税抜)~。こちらは始めからデザインが決まっているものの、いつでもお好みでレイアウトを変えられるというメリットが。

ビルドインタイプは180,000円(税抜)~。壁に埋め込んだり、マントルピースを造作するなどして設置します。+αでコストはかかりますが、インテリアの主役になるようなモダンな暖炉に。リノベーションの際はビルドインタイプを選ばれる方が多いです。
 

バイオエタノール暖炉のランニングコストは?

『バイオエタノール暖炉』で贅沢なひとときを
eco smart fire

バイオエタノール燃料の値段は変動しますが、10ℓあたり4400円で販売されています(2016年10月現在)。たとえば一時間あたり0,5ℓ消費するタイプだと、20時間分。1時間あたり220円前後のコストがかります。

高いのか安いのかわかりにくい?

薪の暖炉と比べると、こんなにも差が出てきます。

〈1ヶ月単位のコスト〉
エコスマートファイヤー →→→→ 13,680円
薪の暖炉・薪ストーブ →→→→ 67,500円

〈年間のメンテナンスコスト〉
エコスマートファイヤー →→→→ なし
薪の暖炉・薪ストーブ →→→→ 5~80.000円

薪の種類や価格、使用料、暖炉のサイズ、季節などが不確定のため、これらはざっくりとした目安です。…だとしても、薪の暖炉に比べると断然おトクですね。

もちろんストーブやヒーター、エアコンといった家電製品と比べると、ランニングコストは高くなります。それとは別物と考えたほうがよいでしょう。

暖炉は趣向性が高く、炎をたのしむためのインテリア。普段はエアコンをメインに使い、友人や家族が集まった時に暖炉を使う…というように使い分ける方が多いようです。一日の使用時間は短いため、想定しているよりもコストは抑えられると思います。

バイオエタノール暖炉を使ったリノベーション実例

〈実例1〉家族が集まるリビングに、バイオエタノール暖炉

『バイオエタノール暖炉』で贅沢なひとときを
リノベーションでバイオエタノール暖炉を craft

リノベーションのリクエストで少なくないのが、「リビングに暖炉をつけたい!」というもの。

こちらのお住まいも、家族が集まるリビングに設置しています。モダンなインテリアに合わせ、暖炉まわりには御影石を貼りました。水磨き仕上げのマットな石が、控えめで上品な雰囲気に。
インテリアに合わせてお好きなデザイン、素材にできるバイオエタノール暖炉のメリットを最大限活かしています。デザイナーと一緒に、リノベーションプランと合わせて暖炉のデザインを決めていく。「こんな形はどうですか?」「こんな素材をつかってみましょうか?」なんて、これもなかなか楽しい作業です。
 

〈実例2〉インテリアのアクセントになるバイオエタノール暖炉

『バイオエタノール暖炉』で贅沢なひとときを
craft自由が丘モデルルーム

リビングにバイオエタノール暖炉を設置しました。グレーのモルタルの壁からせり出す、白い箱のようなマントルピース。火が灯っていなければ、暖炉だとは気がつかないようなシンプルさです。

白いモルタルと、壁のグレーのモルタルとのコントラストがモダンな印象。シンプルなインテリアのアクセントになるような、こんなスタイリッシュな暖炉もおすすめです。
 

〈実例3〉アウトドアリビングに、バイオエタノール暖炉

『バイオエタノール暖炉』で贅沢なひとときを
アウトドアリビングにバイオエタノール暖炉を craft

バイオエタノール暖炉は、庭やテラスにも設置することができます。

都心のタワーマンションにお住まいの方は、夜景を望むテラスに置いて非日常空間に。一戸建ての方は、お庭に置いてアウトドアリビングのように。

家族とたき火のような炎を囲みながら、お酒を飲んだり、語り合ったり。いつもよりもちょっとラグジュアリーな空間に。テラスやお庭の雰囲気づくりに取り入れてみてはいかがでしょうか? こちらのアウトドアタイプは屋外に出しっ放しでもOK。お好きな場所に移動できます。

まとめ

バイオエタノール暖炉のメリットやコストについてご紹介しました。

・煙突不要、マンションでも設置できる
・リノベーションで後付けができる
・造作でオリジナルのデザインにできる
・メンテナンスが簡単
・薪暖炉に比べてランニングコストが安い
・炎のゆらぎに癒される

といった施工性・デザイン性・手軽さ・経済性が人気の理由です。

ちなみに、インターネットではバイオエタノール暖炉の安価なものが売られています。これらは安全規格や補償がなく危険です。必ず、正規代理店で補償のあるものを購入しましょう。

お部屋をじんわりと暖め、オレンジの炎で脳をリラックスさせてくれるバイオエタノール暖炉。これから寒さを感じはじめる季節です。ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

クラフトは1982年創業のリノベーション会社です。
オリジナルのプランで世界に一つだけの住まいに。
デザインリノベーションのcraft

SHARE ON
クラフト LINE