リノベーションのローンの掟!お得な住宅ローンで借り入れるには? | リノベーションスープ

  1. リノベーションスープ
  2. リノベのこと
  3. リノベーションのローンの掟!お得な住宅ローンで借り入れるには?

リノベーションのローンの掟!お得な住宅ローンで借り入れるには?

リノベーションのローンの掟!お得な住宅ローンで借り入れるには?
物件探し+リノベーション ONE

「リノベーション費用をローンで借り入れよう!」と思ったら、まず最初にご自身が

金利の安い『住宅ローン』で借り入れできるかどうか

を調べてみましょう。

今回は、リノベーションの住宅ローンにまつわる以下の5つをご紹介します。


【1】リフォームローンとは?
【2】リノベーション費用を『住宅ローン』で借りると、どんなメリットが?
【3】さらに『住宅ローン減税』まで適用される?
【4】〈物件費用+リノベーション費用〉をまとめて住宅ローンの借り入れが可能!
【5】ローンのことも相談できる!物件探し+リノベーションの〈ONE〉

【1】リフォームローンとは?

リノベーション費用を借り入れるとき、よく耳にするのが『リフォームローン』と『住宅ローン』ですね。

一般的には「住宅ローンのほうがお得」だと言われています。…が、その意味を知るために、まずはリフォームローンについて知っておきましょう。

基本的に、リフォームローンの借入先は銀行とノンバンクです。住宅ローンに比べると、リフォームローンは「審査が簡単で通りやすい」というメリットはあります。またノンバンクなら、銀行よりもスムーズに高額を借り入れやすくなっています。でも金利は2.5%以上。多少のメリットがあったとしても、長い目で見ると金利の高さがデメリットになることは間違いありません。

もしあなたが、まだ選べる立場にいるのなら、絶対に『住宅ローン』をおすすめします。

【2】リノベーション費用を『住宅ローン』で借りると、どんなメリットが?

では住宅ローンのどこがすごいのか? 先ほどのリフォームローンと比べてみましょう。

こうして比べてみても、住宅ローンは金利が圧倒的に低いですね。大幅な間取り変更を伴うリノベーションだと、費用が1000万円を超えることがほとんど。ですから、低金利・長期的に借り入れができるという住宅ローンのメリットは、言うまでもありません。

【3】さらに『住宅ローン減税』まで適用される?

リノベーション費用を住宅ローンで借り入れると、もうひとつお得なことが。リノベーション費用にも『住宅ローン減税』が適用されるのです。これはものすごく大きなメリットですよね。

『住宅ローン減税』とは、毎年所得税の一定額が控除されること。今現在は、住宅ローンの年末残高の1%(最大で年間40万円)の減税が10年間受けられます。たとえばローンの残高が4000万円なら、単純計算で初年度は40万円控除されることに。

しかも政府は、2019年10月の消費税増税後はさらに住宅ローン減税期間を3年間延長する方向で調整しているそうです。

【4】〈物件費用+リノベーション費用〉をまとめて住宅ローンで借り入れ!

ただし、誰でも住宅ローンを貸りられるわけではありません。住宅ローンで借り入れできるのは、ほとんどの以下の2つのケースだけ。

〈1〉物件購入時の住宅ローンの残債がある
〈2〉これから中古物件を買ってリノベーションをする

〈1〉のケースなら、『物件の残債+リノベーション費用』を一本化し、住宅ローンで借り替えることは可能です。ただし、手続きがものすごく煩雑なのは確か。また残債が多いとローンが通らないこともあるため注意。リノベーション会社に早めに相談しましょう。

有利なのは〈2〉の”これから中古物件を買ってリノベーションをする方”です。〈物件費用+リノベーション費用〉をまとめ、住宅ローンを申請しやすい。

”これから”の地点にいる方は、ぜひお得な住宅ローンでの借り入れを考えましょう。

【5】ローンのことも相談できる!物件探し+リノベーションの〈ONE〉

物件探し+リノベーション 特設サイト

リノベーション費用を住宅ローンで借り入れるなら、かなり早い段階で、購入予定物件に対する『リノベーションの見積書』が必要になります。
具体的に言うと、住宅ローンの事前審査時に〈リノベーションの見積書〉と〈資金計画書〉です。これがないと、銀行もどのくらい貸せばいいのかわかりませんからね。つまり物件探しとほとんど同時に、リノベーションの打合せをスタートしないと間に合わない。


大切なのは、〈物件探し〉と〈リノベーション〉を1社でできる会社に依頼すること。

そういう会社なら、住宅ローンの申し込み時には見積書と資金計画書をきちんとそろえられるため、借り入れがスムーズなのです。リノベーション費用を住宅ローンで借り入れるなら、不動産のプロと設計のプロがいる会社に頼みましょう。クラフトの物件探し+リノベーションの〈ONE〉なら、煩雑なローンのお悩みも含めて相談できます。

まとめ

リノベーション費用をローンで借り入れるための条件をご紹介しました。


・リフォームローンよりも住宅ローンのほうが絶対お得
・でも物件購入のタイミングじゃないと、借り入れできない
・さらに、早期にリノベーションの見積書が必要

もうおわかりかと思いますが、まず最初に物件を買って、それからリノベーション会社を探して…なんてしていると、絶対に間に合いません。

これから中古物件を買ってリノベーションをする方は、物件購入とリノベーションをワンストップでできる会社にお願いしましょう。住宅ローンのことだけでなく、不動産会社・銀行・リノベーション会社との煩雑なやりとりを、一社にまとめて任せられることも大きなメリットです。

物件探しからリノベーション、ローンのご相談まで、すべてクラフトにお任せいただけます。
CRAFT ONE。売却~購入~リノベーションまで1つの窓口でサポートします

SHARE ON
クラフト LINE