港区の高級住宅街・南麻布。ライフスタイルが劇的に変わる街 | リノベーションスープ

  1. リノベーションスープ
  2. 不動産のこと
  3. 港区の高級住宅街・南麻布。ライフスタイルが劇的に変わる街

港区の高級住宅街・南麻布。ライフスタイルが劇的に変わる街

港区の高級住宅街・南麻布

港区を代表する高級住宅街といえば、麻布。実は港区には、”麻布”のつく地名が8つもあります。

南麻布・元麻布・麻布台・麻布十番・西麻布・東麻布・麻布永坂町・麻布狸穴町

同じ麻布でも、街の雰囲気はぜんぜん違います。〈東京の高級住宅街はどこ?プレミアムな6つのエリア〉では、高級住宅街の条件を『高台にある』とさせていただきましたね。

そう考えると、麻布の高台の代表的な高級住宅地は〈南麻布〉〈元麻布〉だと考えてよいでしょう。

今回は、港区の高級住宅街・南麻布についてご紹介します。

港区の南麻布は、なぜ高級住宅街になった?

港区の高級住宅街・南麻布

(写真:フランス大使館)

都内の高級住宅街はもともと武家屋敷だったケースが多いのですが、麻布もそのひとつ。たとえば南麻布1丁目、仙台坂のあたりには松平陸奥守(仙台藩伊達家)の下屋敷がありました。

このような大名屋敷の数々は、明治以降は華族や宮家の御用地に(有栖川宮記念公園もその1つ)。そして戦後はこうした高台の一等地が、大使館として使われるようになりました。フランス大使館・ドイツ大使館・スイス大使館・ノルウェー大使館・フィンランド大使館…南麻布・西麻布はとにかく大使館だらけです。

港区の高級住宅街・南麻布

海外の大使館が集まったことにより、各国の大使館関係者が南麻布に住むように。やがてインタ―ナショナルな高級住宅街へと変わっていきました。

麻布の特徴のもうひとつが、坂が多いこと。そもそも港区には89の坂があり、そのうちの半分近くが麻布に集中しているのです。

それゆえに空が近い。場所によっては東京タワーが見えることも。坂から街を見下ろすと、とても清々しい気分になります。

南麻布の中でも、南麻布4丁目~5丁目は”別格”エリア!

港区の高級住宅街・南麻布

南麻布の中でも、南麻布4丁目・南麻布5丁目はとくに人気の高級エリアです。最寄りは広尾駅。有栖川宮記念公園に面していていることも大きな魅力のひとつ。広大な緑を取り囲む住宅街は、NYのアッパーイーストサイドに負けないくらいのハイソな雰囲気がありました。

高台には巨大な邸宅が多いものの、わりと大らかでオープンな雰囲気。そういう意味では、松濤あたりの要塞と少し違った印象を受けました。歩いている人をほとんど見かけなかったのは、高台ゆえに車移動の人が多いからでしょう。いうまでもなく高級車ばかりです。

南麻布の暮らしやすさは?

「港区・南麻布は暮らしやすいの?」なんていう疑問があるかどうかは不明ですが…結論からいうと、ものすごく暮らしやすいです。都心の真ん中ですから、丸の内・新宿・渋谷など、どこに勤めていても通いやすい。

さらに南麻布がすばらしいのは、生活環境が抜群によいこと。

先述したように、南麻布は有栖川宮記念公園まで歩いて行けます。もともと有栖川家の御用地だったため、丘や渓谷、池などがある日本庭園の趣を残していて、どの季節に訪れてもすばらしい景色。

公園で遊んでいる親子の1/3くらいは、欧米人というのも南麻布ならではですね。公園内には図書館もあり、子育てにはベストな環境です。

港区の高級住宅街・南麻布

それから南麻布のスーパーと言えば、〈ナショナル麻布スーパーマーケット〉。海外の住民が訪れることもあり、店内には輸入食品が豊富にそろっています。海外のスーパーのような雰囲気で、見ているだけでたのしいです。

また南麻布にはインタ―ナショナルスクールが多く、お子さまに国際的教育を受けさせられることもメリット。道端では、流暢な英語で外国人と会話をしている日本人の少年も見かけました。南麻布では珍しくないのかもしれませんね。

南麻布には、戸建てよりもマンションが多い?

港区の高級住宅街・南麻布

これまでご紹介した田園調布・成城・青葉台と違うのは

港区の高級住宅街にはわりとマンションが多い、という点。

田園調布のように区画が大きな大邸宅もありますが、その合間にものすごくハイグレードなマンションが多数点在しているのです。販売当時は10億円で売り出されたお部屋もある〈ザ・ハウス南麻布〉や、〈ホーマットアンバサダー〉〈ドムス南麻布〉といった高級ヴィンテージマンションなど、東京を代表するマンションもちらほら。

外観からエントランス、エクステリアまで、建築的にも見事なマンションばかりです。

なかでも個人的に「ここは…!」と思ったマンションをご紹介します。

フランス大使館サイドの〈プラウド南麻布〉

港区の高級住宅街・南麻布

南麻布4丁目、フランス大使館旧館跡地に建つ〈プラウド南麻布〉。2013年、フランス大使館建替えの一環として開発されました。

外観には、フランス大使館と同じ外壁素材やアルミの大庇が使用されています。北側と南側から見ると印象が変わるのも、このマンションのおもしろいところ。上の写真は、フランス大使館入り口(南側)から見た様子。エッジが効いたデザインです。

港区の高級住宅街・南麻布

こちらは、青木坂のふもと(北側)から見た様子。角地に沿うような、ゆるやかなR(曲線)のファサードが美しいですね。これは、フランス大使館の森を大きく借景するための形状だとか。歴史ある緑を最大限に享受しながら暮らせます。

南麻布4丁目の高台・南東の角地の〈パークマンション南麻布〉

港区の高級住宅街・南麻布

プラウド南麻布の横の青木坂を登ったところには〈パークマンション南麻布〉があります。高台・南東の角地にあるこちらは、個人的にこの界隈で最高のポジションではないかと思います。

シンプルな白い外観、ひっそりとしたエントランスは、南麻布のマンションにしてはちょっと地味な印象さえ受けます。しかしこのシンプルな建物は、外構の大楠や銀杏の緑、そしてお向かいのフランス大使館と美しく調和。南麻布の街並にとけこむように、上品に計画されていることがわかります。

南側のバルコニーは広々としており、なんとフランス大使館公邸ビュー。目の前に大きな建物が建つこともありません。

まとめ

港区の高級住宅街・南麻布をご紹介しました。

南麻布を歩いていて思ったのは、「街の感じがとてもいい」ということ。高台で陽当たりがよく、低層マンションや邸宅がほどよい距離感で並んでいました。

人通りは少なく、歩いている方のほとんどは地元の住民らしき人。だからと言って、閉鎖的な雰囲気はありません。高級住宅地なのに気取ったところがまったくなく、”インターナショナルな街”と言われるのがわかるほどオープンな雰囲気。南麻布のどの公園でも、たくさんの子供たちが遊んでいました。

都心で伸びやかに過ごせるプレミアムな高級住宅街をお探しなら、港区南麻布がオススメです。

※次回は、元麻布についてご紹介します。
〈東京の高級住宅街、今こそ選ばれる6つのエリア!〉では、目黒区青葉台・大田区田園調布・世田谷区成城の記事もご覧いただけます。

高級住宅街の物件探し~リノベーションまで自社でサポート。不動産と設計のプロが内見に同行し、リノベーションする価値のある『ポテンシャルの高い物件』だけをご紹介しています。
CRAFT ONE。売却~購入~リノベーションまで1つの窓口でサポートします

SHARE ON
クラフト LINE