一棟丸ごとリノベーション事例#246_満室つづきのマンション | リノベーションスープ

  1. リノベーションスープ
  2. 事例写真
  3. 1棟まるごと事例写真
  4. 一棟丸ごとリノベーション事例#246_満室つづきのマンション

一棟丸ごとリノベーション事例#246_満室つづきのマンション

一棟まるごとリノベーション

収益物件として、古い社宅の購入を考えていたHさん。「築35年で構造や耐震性に不安があり、買う前にクラフトさんに見ていただくことにした」と話します。

クラフトが現地調査を行った結果、建物の状態はよく、スケルトンリノベーション(いちど構造躯体のみに解体)することでかなり生まれ変わることがわかりました。

data
東京都
総戸数:9戸 (リノベーションは8戸)
築年数:35年(リノベーション時)
構造:RC(鉄筋コンクリート)造
間取り:1DK~1LDK
リフォーム総面積:315m2
各部屋平米数:35m2
リフォーム価格:6000万円
賃料:10~11万円
ターゲット:単身/カップル/夫婦

もともとは和室が中心の社宅。築35年で、このままでは借り手がつかない状態

一棟まるごとリノベーション

和室が中心のもと社宅。築35年でいかにも古く、このままでは借り手がつかない状態でした。外壁にはクラックや浮きがあり、共用廊下や階段、バルコニーも劣化。

しかしポテンシャルは高い。外観・内装含めてフルリノベーションすることで、賃貸マンションとしての価値を上げることは十分に可能でした。

引き戸を開けるとワンルームのような開放感

一棟まるごとリノベーション

まずは、こちらのエリアで多いニーズを調査。「リビングにはソファを置きたい」「1LDKがいい」といった声をプランに反映させています。

一戸あたり35m2という広さから、ターゲットは単身者~カップル・夫婦を想定。

こちらの角部屋は窓が4つあり、自然光と風を活かしてプランニングしました。1LDKでLDKと寝室は分かれているものの、ふだんは引き戸を開けてワンルームのように過ごせるように。

共働きのカップルに人気のオープンキッチン

一棟まるごとリノベーション

キッチンは大きく移動し、人気の対面キッチンに。キッチンカウンターと椅子を設けてダイニングテーブルのように使うことも可能。

忙しいときもささっと食事を提供できるため、共働きのカップルにはとてもよろこばれる間取りです。

ダイニング中心タイプの部屋も用意し、借り手が選べるように

一棟まるごとリノベーション

こちらのタイプの部屋は、ダイニング・キッチンと寝室をゾーニング。

先ほどの間取りよりもダイニングを広くし、そのかわり寝室がリビングを兼ねています。間取りの異なるタイプを用意し、借り手が選べるようにしたこともポイントです。

『センスよく暮らしたい』という小さなニーズもキャッチ

一棟まるごとリノベーション

光を透す半透明の引き戸を採用し、閉めたままでも寝室の光がダイニングまで届くように。天井まで届く大きな3枚引き戸。開けた時の開放感は、言うまでもありません。

壁にはピクチャーレールを設置。お好きな絵やポスターを飾っていただけます。小さなところですが、センスのよい暮らしを求める借り手のニーズをキャッチしました。

入居者を募集していらい、ずっと満室がつづいている

一棟まるごとリノベーション

このくらいの規模の賃貸マンションにはまだまだ少ないWIC(ウォークインクロゼット)は全ての部屋に設置。とくに角部屋は寝室とひとつづきのため、「身支度がしやすい」と好評なのだとか。

『賃貸マンションは収納が少ない』というイメージを払拭しています。

築年数が古い賃貸物件は、ふつう借り手の候補からはずされがち。しかしこちらのマンションは、内見した人はすぐに気に入り、その後は長く暮らしてくれるとか。

入居者募集していらい、ずっと満室状態がつづいています。

※こちらの物件の、オーナーさまへのインタビュー記事もご覧ください

こちらの事例のより詳しい情報をご覧になりたい方は、クラフトのHPをご覧ください。プランのこだわり、特徴をこまかくお伝えしています。
一棟リノベーション事例

SHARE ON
クラフト LINE