シンプルモダンなインテリア、5つのメゾット | リノベーションスープ

  1. リノベーションスープ
  2. リノベのこと
  3. シンプルモダンなインテリア、5つのメゾット

シンプルモダンなインテリア、5つのメゾット

シンプルモダンなインテリア、5つのメゾット
シンプルモダンなインテリアにリノベーション craft

シンプルモダンなインテリア。都会的で洗練されたデザインは、いつの時代も支持されてきました。

しかしこのシンプルモダンのインテリア、簡単そうでいてなかなか難しいのです。

シンプルすぎると簡素になり、デコレーションしすぎると、もはやシンプルではありません。

そこで今回は、シンプルモダンな空間をつくる5つのルールをご紹介します。

1 シンプルモダンは”白”をベースカラーに

シンプルモダンなインテリア、5つのメゾット
シンプルモダンなインテリアにリノベーション craft

シンプルモダンな空間といえば、とにかく白。ベースカラーは基本的に、清潔な白が望ましいです。

全体のバランスをみながら、あくまで控えめに色を足していきます。赤や黄色といったヴィヴィットカラーは避けましょう。べージュやブラウン、ライトグレーなど、やさしく上品な色がシンプルモダンのコツです。ベアクセントとして黒やグレーを入れ、淡い空間をぐっと引き締める場合もあります。

白だからこそプラスした色が際立ちます。合わせる家具やカーテンはもちろん、ドアの取っ手の色まで、気を抜かずに選ぶことが大切です。

〈シンプルモダンの条件 その1〉
ベースカラーは白。そこにプラスする色は、小さな面積でも影響は大きなものです。できるだけ慎重に、引き算を意識してセレクトしましょう。

2 シンプルモダンは”余白”をつくる

シンプルモダンなインテリア、5つのメゾット
シンプルモダンなインテリアにリノベーション craft

床にスペースがあると、家具を置きたくなりませんか。
壁スペースがあると、棚をつくりたくなりませんか。

ここで、ぐっと我慢してください。シンプルモダンなインテリアには余白がマストです。一見ムダなスペースに思える余白が、シンプルモダンのポイントとなってきます。

家具もディスプレイも最低限。

ミニマリストのインテリアに近いものがありますが、「モノを最低限しか所有しない」というわけではありません。あくまでも全体のバランスを見ながら、厳選した小物やグリーンを足していきましょう。

引き算を意識しつつ、空間を飾る。これがシンプルモダンのポイントです。

〈シンプルモダンの条件 その2〉
空間に余白をつくる。モノを置きたくなっても我慢。お気に入りのモノだけセンスよく並べましょう。

3 シンプルモダンは”素材”にこだわる

シンプルだからこそ、素材感が目立ちます。たとえば白いニット。写真では同じように見えても、アクリルとカシミアはまったく違いますよね。見た目の風合いと、実際の肌ざわりは別物です。

リノベーションでも同じです。シンプルモダンの空間は余計な飾りがないぶん、床・壁・天井の質感がダイレクトに伝わってしまいます。素材を選ぶときは、サンプルを見て質感や肌ざわりをたしかめながら選びましょう。

無垢のフローリングや漆喰、珪藻土の壁。こういった上質な自然素材は、ひかえめながらも絶対的な存在感があります。シンプルな空間で、とっておきのアクセントとなってくれるでしょう。

〈シンプルモダンの条件 その3〉
素材には徹底的にこだわる。無垢材や漆喰、珪藻土など、シンプルでも素材感が伝わるものを厳選しましょう。

4 シンプルモダンは”収納”たっぷり

シンプルモダンなインテリアのためには、モノを出さないこと

そもそも”モノを出さない暮らし”というのは、かなりハードルが高い。明日からすぐにできるワケではありません。「どうせみんなクローゼットに押し込んでるんでしょ」なんて思われてるかもしれませんが。それでいいんです。どんどん収納に押し込んでください。

ただし、収納は
・必要な場所に
・たっぷりとつくる
ことが大切です。いつ・どこで・何を使うか。これをリノベーションのデザイナーに伝え、必要な場所に必要な収納をつくってもらいましょう。使う場所に収納がなければ、結局は出しっぱなしになっちゃいますから。

こちらは、リノベーションでキッチン〜ダイニングまで壁面収納を設けました。壁一面の収納には家電製品だけでなく、PCカウンターまで収納。使う時だけ大きく開けて、普段は閉めてすっきり。取っ手のないフラットな扉によって、存在感をなくしていることもポイントです。

〈シンプルモダンの条件 その4〉
必要な場所にたっぷりと収納をつくり、モノを出さない暮らしを心がけましょう。

5 シンプルモダンは”家具”もシンプル

さて、こうしてシンプルモダンな空間が完成しました。いよいよ最後は家具です。ついつい張り切っちゃう方もいるでしょう。

よくあるのが、張り切りすぎてインテリアに合わない家具を買ってしまうケース。古材を使ったヴィンテージテイストの棚、ガラスのラグジュアリーなテーブル、なぜか真っ赤なソファ。…インテリアに合っていればいいんですけどね。

せっかくシンプルモダンなインテリアに仕上げても、家具が浮いてしまうと台無しです。

たとえば、こちらは無垢のナラのダイニングテーブルと椅子。シンプルモダンにリノベーションした空間に溶け込んでいます。しなやかで繊細なシルエットと、ナラのやわらかな質感。これだけで十分、インテリアのアクセントになるでしょう。

〈シンプルモダンの条件 その5〉
家具もシンプルに。奇抜さよりもベーシックなデザイン、上質な素材感を重視してセレクトしましょう。

まとめ

シンプルモダンな空間をつくるための5つの法則をご紹介しました。

・ベースカラーは白
・余白をつくる
・素材にこだわる
・収納たっぷり
・家具もシンプルに

というのが基本です。
ただし、シンプルモダンといっても、「ホテルライク」「ナチュラル」「クール」とさまざまなテイストがあります。それによって、使う素材やデザインが変わってきます。たとえばホテルライクがお好きなら、光沢のあるタイルやガラスを使ってラグジュアリーに。クールな雰囲気がお好きなら、黒皮鉄や石のタイルを使ってスタイリッシュに。同じシンプルモダンでも、暮らす人の好みでまったく変わってきます。

リノベーション会社のデザイナーと「どのようなシンプルモダンを目指すか?」を、じっくり話し合ってみましょう。

マンションや一戸建てのデザイン事例を多数紹介しています。お気に入りのシンプルモダンが見つかるかも?!ぜひチェックしてみてください。

リノベーション craft

SHARE ON
CRAFTのLINE