暖かい家と健康の関係とは?リフォームで心地よい住まいに | リノベーションスープ

  1. リノベーションスープ
  2. リノベのこと
  3. 暖かい家と健康の関係とは?リフォームで心地よい住まいに

暖かい家と健康の関係とは?リフォームで心地よい住まいに

暖かい家と健康の関係とは?リフォームで心地よい住まいに
暖かい家にリフォーム 実例 CRAFT#448

「暖房がいつまでも効かない…」
「窓を閉めているのに寒い…」
冬になると聞こえてくる、住まいのお悩みです。

寒い家は、単に過ごしにくいだけではなく、そこに住む人の健康にも大きな影響を与えることをご存知ですか?この記事では、暖かい家に住むメリットや、断熱リフォームのポイントを解説します。

暖かい家に暮らすメリット

暖かい家と健康の関係とは?リフォームで心地よい住まいに
暖かい家にリフォーム 実例 CRAFT#18552

毎日が快適になる

暖かい家でまず実感できるメリットは、その快適さでしょう。暖房の効きがよく床の底冷えや窓からの冷気を感じない、そんな住まいなら肩をすくめたり背中を丸めたりすることなく、のびのび過ごせます。必要以上に重ね着をする必要もなくなりますね。また、冬暖かい家は、夏は涼しい家でもあります。暖かい家=断熱性が高い家のため、夏場は屋外からの熱を室内に伝えにくく、エアコンの効きがよくなります。
 

光熱費が下げられる

暖かい家は、室外への熱の流出を防ぐ性能も高いです。そのため、エアコンやファンヒーターの効きがよく、省エネルギーでエコロジー。毎月の光熱費を抑えることができます。
 

健康被害のリスクを低減できる

寒い家は単に過ごし辛いだけではなく、健康に害を及ぼす要因にもなります。断熱性能の低い住まいは、部屋ごとの温度差が大きいことが特徴です。「ヒートショック」とは、急激な温度変化により血圧の上下が起きること。心筋梗塞や脳卒中といった重大な健康被害の原因にもなります。

また、イギリスの住宅法では、夜間の住まいの最低推奨室温を18℃と定めています。この基準を満たさない賃貸住宅には改修命令が下され、場合によっては、閉鎖や解体といった厳しい処分となることも。

暖かい家にリフォームするには

暖かい家と健康の関係とは?リフォームで心地よい住まいに
暖かい家にリフォームCRAFT

寒い家を暖かくするには、リフォームが有効です。具体的にはどのような方法があるのでしょうか。いくつか確認してみましょう。
 

二重窓・複層ガラス

住まいの熱がもっとも逃げやすい場所が「窓」。寒い家を暖かくするためには、まず窓の断熱性能を確保することが大切です。単層ガラスを複層ガラスへ交換したり、既存の窓に内窓を追加して二重サッシにしたりすることで、室内と屋外との間に空気の層をつくり、熱の出入りを大幅に軽減することができます。また、窓の断熱性向上は結露の予防にもなり、湿気によるカビの発生やクロスの傷みを防ぐ効果も期待できます。
 

断熱材を追加する

床や壁・天井の断熱性能が低い場合には、断熱材の交換や追加をしましょう。古い家は断熱を重視していない傾向があり、なかには断熱材が全く入っていないケースもあるほどです。住まい全体に手を入れる大規模リフォームとなりますが、根本的な解決ができます。
 

床暖房

暖かい空気は上に昇っていく性質があります。そのため、エアコンやヒーターを点けても天井に近い場所だけが暖まり、床はいつまでも冷たいまま…という現象が起きやすいのです。そのような場合は、床暖房を設置することで底冷えを解消できます。特に、吹き抜けのリビングや天井の高い家におすすめです。
 

浴室暖房乾燥房機

浴室暖房感想機を設置すれば、入浴前に浴室を温めておくことができます。ヒートショックの防止に有効ですし、浴室内のポールに洗濯物を掛けておけば気持ちよく乾かすこともできるので一石二鳥の設備ですね。
 

バイオエタノール暖炉

暖かい家に取り入れたい、実用性とインテリア性を兼ね備えた暖房器具として、暖炉はいかがですか。暖炉の燃料には薪やペレットなどの種類がありますが、特におすすめしたいものがバイオエタノール暖炉です。煙や煤が発生しないため煙突の設置が不要で、住宅街やマンションでも導入できます。スタイリッシュなデザインは高級ホテル等にも採用されているほど。また、ゆらめく炎には人間の本能に訴えかける癒やし効果もあります。

暖かい家造りで減税措置が受けられる

暖かい家と健康の関係とは?リフォームで心地よい住まいに
暖かい家にリフォーム 実例 CRAFT#267

住まいの断熱性を向上するためのリフォームを実施した場合、「省エネリフォーム減税」として工事内容に応じた減税措置を受けることができます。
 

省エネリフォーム:所得税の控除

・投資型減税
控除対象額(50〜250万円)の10%を所得から控除することができる制度です。控除対象額は、リフォームの内容に応じて算出されます。

・ローン型減税
返済期間5年以上の住宅ローンを利用して断熱リフォームを実施した場合、住み始めてから5年間、年末のローン残高の1%が所得税から減額される制度です。
 

省エネリフォーム:固定資産税減額

断熱リフォームを実施した翌年の固定資産税のうち、120㎡に相当する分までの3分の1が減額される制度。50㎡以上の住まいが対象です。

省エネリフォームの所得税減税は、投資型かローン型のいずれかが利用可能です。所得税減税と固定資産税減税は併用することができ、制度を利用するためには確定申告や市町村窓口への申請が必要になります。また、工事の内容や所得上限などいくつかの要件を満たす必要があるため、事前にリフォーム会社に相談するとよいでしょう。

まとめ

暖かい家に住むおもなメリットは以下の3つ。
・毎日が快適になる
・光熱費が下げられる
・健康被害のリスクを下げられる

リフォームの方法としては
・窓を二重にする・複層ガラスにする
・壁や床に断熱材を追加する
・床暖房を採用する
などがあります。

寒い住まいにお困りなら、リフォームを検討してみてはいかがですか?暖かい家に生まれ変われば、快適で健康リスクの低い毎日が送れるようになるはずです。

リノベーションでデザイン性と住心地を向上した事例を豊富に掲載しています。寒くて過ごしにくい住まいから、快適で安全な暖かい家に。
デザインリノベーションのcraft

SHARE ON
CRAFTのLINE