理想のパントリーは?間取り・広さ・扉の黄金ルール | リノベーションスープ

  1. リノベーションスープ
  2. リノベのこと
  3. 理想のパントリーは?間取り・広さ・扉の黄金ルール

理想のパントリーは?間取り・広さ・扉の黄金ルール

パントリーのある住まいにリノベーションcraft

キッチンリノベーションで悩みがちなのが、「パントリーは必要かどうか」。

あれば便利そうですが、これまでパントリーを使ったことがない場合、どうもイメージがつきませんよね。本当にうまく使えるの?どんな間取りがいいの? など、さまざまなことが気になります。

パントリーの間取り収納の工夫、扉のあるなし…。理想のパントリーを求め、パントリーを設けたリノベーション事例をご紹介します。

パントリーとは?

住宅デザイン

パントリーとは、キッチン専用の収納のこと。お鍋や食器はもちろん、水やお米、野菜、お菓子などたくさんの食料をストックするためのスペースです。リビング・ダイニングからは見えないため、食品ストックで多少ごちゃごちゃしていても気にしなくていいというメリットがあります。

食料をまとめ買いする人、お酒のストックが必要な人などは、パントリーがあるととても便利です。

壁面収納もパントリーと言いますが、ウォークインスタイルになっている1~2帖ほどの収納をパントリーと呼ぶケースが多いです。まぎらわしくならないよう、ここではウォークインの食料庫をパントリーと定義させていただきます。

パントリーの間取り、一番ベーシックなのは?

パントリーを活かすも間取り次第。パントリーの間取りは重要です。ここでは、3つのパントリーの間取り事例をご紹介します。

〈パントリーの間取り1〉キッチンの動線上に

リノベーション craft

パントリーの間取りでもっともベーシックなのが、キッチンと横並びにレイアウトすること。ちょっと横にスライドするだけでよいため、とても便利です。

リノベーションでときどき見るのが、冷蔵庫や電子レンジといった家電製品もパントリーに納めてしまうというもの。こちらのリノベーションでは、コンロのすぐ横にパントリーをレイアウト。料理中の動線に配慮しながら計画しています。

「生活感を出したくない」
「リビングのゲストに冷蔵庫を見せたくない」
「家電でインテリアのイメージを壊したくない」

徹底して住まいの美しさにこだわる人は、家電もパントリーに納めてることも少なくありません。キッチンをどのようなイメージに保ちたいかを、一度デザイナーと話し合ってみましょう。

〈パントリーの間取り2〉キッチンの背面に

マンションリノベーションcraft

キッチンの背面にパントリーを設ける間取りもあります。

よく使うカトラリーやグラス類は背面収納に、ときどき使う食器やキッチンスツールはパントリーに収納。とくに食器が多く、収納に困っている場合はこのようにはっきりと分けるのも良いでしょう。こちらのリノベーション事例では、キッチンに黒い大きな箱が鎮座しているのがわかりますね。

実は、この箱こそがパントリー。

中に入ればどこに何があるか一目瞭然。料理中に「あの大皿はどこかしら?」とあわてることもなくなりそうです。

ポイントは、入り口を背面ではなくサイドに設けたこと。扉がなくてもリビング・ダイニングからは内側が見えません。食器にホコリがつかないよう、天井でしっかりと囲み、さらに天井の一部を開口し、間接照明を入れました。

ライトを灯すと、外側から見たときに箱がぼんやり浮かんだアーティスティックな趣。インテリア性と実用性を兼ね備えたパントリーです。

〈パントリーの間取り3〉玄関のシューズインクロークとつなげる

パントリーの間取りで便利なのが、玄関〜パントリー~キッチンをひと続きにする動線。

こちらのパントリーは、玄関の土足OKなSIC(シューズインクローク)につながっているため、重たいお米やウォーターサーバーの配達があれば、「こちらへお願いします」と言うだけ。配達の方に、パントリーまで持って来てもらえるというメリットがありますね。

玄関からパントリーまで思い荷物を運ぶ労力が、ぐっと軽減されそうです。玄関のSICとパントリーをつなげる動線、意外ですがおすすめです。

パントリーに扉は必要?

リノベーションcraft

パントリーで扉は必要かどうかは、使う人の気持ち次第です。たとえば、パントリーの内側がリビング・ダイニングから見える位置にあり、ゲストに見られたくないのであれば、扉はあったほうがよいでしょう。

しかし、視覚的にリビング・ダイニングから見えない位置だったり、見えてもそれほど気にしないならなくてもよいと思います。

ただし引き戸なら、”料理中は開けっ放しで、来客時だけ閉める”とフレキシブルな使い方もできますね。またパントリー内に家事コーナーを設けることがあります。扉を閉めると作業に集中できるため、「扉があってよかった」と思うでしょう。

パントリーがいらないケースとは?

リノベーションcraft

パントリーには上記のようなメリットがある一方、スペースをとってしまうというデメリットも。また背面収納にくらべると、やや移動距離が多くなります。

「少しでもキッチンを広く使いたい」「あまり移動したくない」という方は、パントリーがないほうがよいかもしれません。

パントリーがなくてもキッチンをすっきりさせる方法も。たとえば、写真のように真っ白な壁面収納を設けることで、生活感のないイメージをキープできます。冷蔵庫のサイドには壁を立ち上げ、ダイニングから見えないようにレイアウト。ゲストが来たときは、引き戸を閉めるだけで整然とした雰囲気を保てます。

パントリーの方角は、東西南北どれがベスト?

そしてちょっと気になるのが、パントリーの方角です。

パントリーは、食材ストックを置く場所。夏は温度が上がりやすい、南や西は避けた方がよいかもしれません。やはり気温が高くなりやすい場所はさけましょう。できるなら窓を設けたり、リノベーションなら既存の窓をうまく活用するなどして、南北通風がとれるようにできればよりベスト。

ただし、パントリーで一番重視すべきなのはキッチンからのアクセスしやすさ。「北側にしたかったけど、キッチンが南向き」という場合は、方角よりも使い勝手を優先しましょう。

まとめ

パントリーの間取りについてご紹介しました。パントリーの間取りは、基本的に2つのパターンです。

〈キッチンと横並び型〉
キッチンのサイドにパントリーを設ける間取り。扉がなくてもリビング・ダイニングから見えにくく、冷蔵庫や電子レンジなども配置できる。

〈キッチンの背面型〉
キッチンの背面にパントリーを設ける間取り。ただし入り口を真後ろに設ける場合は、背面のカップボードが狭くなる。

また、玄関〜パントリー〜キッチンの動線をつくるなど、奥さまの家事動線に合わせたパントリーをセレクトしましょう。ただし『それだけのスペースをとれるかどうか』も重要になってきます。先述した通り、ウォークインのパントリーにはある程度のスペースが必要です。場合によってはスペースを確保できないことも。

皆さんももしパントリーが気になっていたら、できるだけ早い段階でデザイナーに伝えましょう。話していくうちに『やっぱりうちには必要ないね』となるかもしれないけれど、まずはパントリーありきのプランを考えてくれるはずです。

パントリーを素敵に取り入れたキッチンの事例も公開しています。リノベーションで美しく、使い勝手のよいキッチンに。
デザインリノベーションのcraft

SHARE ON
クラフト LINE