二世帯住宅リフォームして数年。その後の暮らしはいかがですか? | リノベーションスープ

  1. リノベーションスープ
  2. リノベのこと
  3. 二世帯住宅リフォームして数年。その後の暮らしはいかがですか?

二世帯住宅リフォームして数年。その後の暮らしはいかがですか?

二世帯住宅リフォーム

築35年の奥さまのご実家をリフォームし、同居することにした I さんご夫婦。

「自分の時間と、親と一緒の時間、どちらも大切にできるように」(奥さま)
「帰宅時に、お互いの気配がわかって安心です」(ご主人さま)

二世帯同居によって、思ってもみなかった様々なメリットが生まれたそうです。

キッチンや浴室は1つ。このままじゃ二世帯で暮らせない

二世帯住宅リフォーム

同居のきっかけは、「お義母さんと一緒に住んだらどうかな?」というご主人さまのご提案。一人暮らしになったお母さまのことを、ご主人さまはずっと心配していたそうです。

しかしご実家は、キッチンもリビングも浴室も一つ。それぞれ生活のリズムが異なるため、このままでは暮らせない状態でした。「ほどよい距離感で暮らしたい」と、二世帯住宅にリフォームすることに。

二世帯住宅リフォーム

スケルトンの状態にし、ゼロからプランニング。1階は2世帯の趣味スペース、2階は I さんご夫妻、3階はお母さま。フロアごとにゾーニングすることで、それぞれのプライバシーを確保しています。

〈メリット1〉ほどよい距離感で、さりげなく気遣い

二世帯住宅リフォーム

二世帯住宅のメリットは、間取りによって適度な距離感が生まれること。

I さんのお住まいは、玄関をあえて「共有」にし、お互いの気配を感じることができるように。

「わざわざ顔を合わせなくても『行ってきます』『ただいま』の声で体調がわかるし、母のスリッパが玄関にあるときは『外出していて元気なんだ』と思って安心します」とご主人さま。

玄関を共有にしたことで、さりげなくお互いを気遣えるようになりました。

〈メリット2〉「困ったときはお互いさま」でサポートしあう

「旅行の帰りやお届け物があった時は、3階まで上げ下ろしをしてもらえるので大助かりです」とお母さま。困ったら気軽にサポートできるのが、二世帯住宅の大きなメリットです。

一方、 I さんご夫婦も同居に大きなメリットを感じているとか。「料理のおすそ分けをもらったり、旅行中の猫の世話をお願いしたり。朝のゴミ出しも、早起きの母にお願いしています」と奥さま。

「困ったときはお互いさま」の気持ちで、助け合いながら暮らしています。

二世帯住宅リフォーム

〈メリット3〉自分の時間と、一緒の時間

二世帯住宅リフォーム

「玄関が共有」という部分共有の二世帯住宅。しかし意外にも、顔を合わせることはそれほど多くないそうです。

「母とは週に10分しか会わないこともあります。生活リズムが違うから、なかなか会えなくて。ときどきは時間を合わせて、みんなでお茶をしています」(奥さま)

二世帯住宅リフォーム

1階は、不要な駐車スペースを増築した共有スペース。奥さまのバレエスタジオの隣に、お母さまのアトリエをレイアウトしました。どちらともなく「ちょっと休憩しよう」と声をかけて、テラスで一緒にひとやすみ。さわやかな風を感じながら、おしゃべりが弾みます。

自分だけの時間と、みんな一緒の時間。どちらも大切にしたい方に、二世帯住宅はおすすめです。

まとめ

二世帯住宅にリフォームした I さんご夫婦とお母さまに、メリットをうかがってみました。

・ほどよい距離感で、お互いの体調がわかる
・困ったら助け合える
・自分の時間と一緒の時間、どちらも大切にできる

インタビューを通して、子世帯と親世帯のどちらも満足していることがわかりました。

「生活リズムが違うからストレスになりそう」「ベタベタしたくない」といった心配がありそうですが、プランによって、距離感を保てるのが二世帯リフォームのよいところです。デザイナーに本音をぶつけ、心地よく過ごせる二世帯住宅をつくってみませんか。

*物件の詳細をご覧になりたい方は、こちら

二世帯住宅には「完全同居型」「部分同居型」「完全分離型」の3種類が。こちらでは、二世帯住宅のリフォーム事例やポイントをご紹介しています。ぜひご覧ください。

SHARE ON
クラフト LINE