スケルトンリフォームの費用と工事期間はどのくらい? | リノベーションスープ

  1. リノベーションスープ
  2. リノベのこと
  3. スケルトンリノベーション
  4. スケルトンリフォームの費用と工事期間はどのくらい?

スケルトンリフォームの費用と工事期間はどのくらい?

スケルトンリフォームの費用と工事期間はどのくらい?5

スケルトンリフォームとは建物を柱や梁だけに解体し、間取りや内装、設備をすべて変え、まったく新しいコンセプトの住まいにすること。

スケルトンリフォームは大規模な工事になるだけに、費用も工事期間もかかってしまいそうなイメージですね。ここでは、具体的な費用と工事期間の目安をご紹介したいと思います。

スケルトンリフォームの費用はいくらぐらい?

スケルトンリフォームの費用と工事期間はどのくらい?3

「スケルトンリフォームって全部壊しちゃうことですよね」と聞かれることがあります。

大きな誤解です。

スケルトンリフォームだからと言って、なんでも壊すわけではありません。たとえば美しいらせん階段や、デザイン性の高い建具や造作家具をそのまま活かすこともあります。ご両親や前の住民の方がこだわってつくった住まいであれば、魅力的な部分がわりと残っていたりする物です。既存を残すと言うことは、思い出を残すことです。もちろん工事期間の短縮や、コストダウンにもつながりますね。

既存のよい部分を活用しながら一新できることも、スケルトンリフォームのメリットです。

スケルトンリフォームの工事期間はどのくらい?

スケルトンリフォームの費用と工事期間はどのくらい?

スケルトンリフォームの費用は、工事の内容によります。ですので「思ったよりも高くなった」という方と、「思ったよりもと安く済んだ」という方、どちらもいます。

基本的には

マンション…平米あたり15~19万円
一戸建て…16~20万円

と考えておけばよいでしょう。

ただし、戸建てのスケルトンリフォームは、金額に幅があるのでちょっと注意。たとえば、解体してみて雨漏りやシロアリ、躯体の劣化があれば、補強するのに費用がかかります。『フルリフォームは建て替えよりも2~3割費用を抑えられる』と言われていますが、あまりにも状態が悪いと新築と変わらないことも。まずはリフォーム会社に相談し、リフォームにすべきか・建て替えにすべきかを相談してみましょう。

きちんとしたリフォーム会社なら、「この状態なら、建て替えた方が安く済みますね」と教えてくれるはずなので、安心してください。

スケルトンリフォームの費用と工事期間はどのくらい?

スケルトンリフォームでも、全部を壊さずコストダウン!

「スケルトンリフォームって全部壊しちゃうことですよね」と聞かれることがあります。

大きな誤解です。

スケルトンリフォームだからと言って、なんでも壊すわけではありません。たとえば美しいらせん階段や、デザイン性の高い建具や造作家具をそのまま活かすこともあります。ご両親や前の住民の方がこだわってつくった住まいであれば、魅力的な部分がわりと残っていたりする物です。既存を残すと言うことは、思い出を残すことです。もちろん工事期間の短縮や、コストダウンにもつながりますね。

既存のよい部分を活用しながら一新できることも、スケルトンリフォームのメリットです。

スケルトンリフォームの工事期間はどのくらい?

スケルトンリフォームの費用と工事期間はどのくらい?2

スケルトンリフォームの工事期間は、どのくらいかかるかも気になりますね。解体工事の期間も含まれるため、部分的なリフォームに比べると工事期間は長くなります。

スケルトンリフォームの工事期間/マンション…2ヶ月ほど
スケルトンリフォームの工事期間/戸建て…3ヶ月ほど

これに加え、プランニングの期間も必要です。フルリフォームをするなら、マンションなら4ヶ月前、戸建てなら6ヶ月前にリフォーム会社を決めておきましょう。「海外のバスタブを使う予定だったけど、納期が間に合わなくて諦めた…」ということもなくなります。

また、スケルトンリフォームは解体工事が大掛かりになるため、近所から騒音のクレームが出やすいもの。特にマンションでは、上下左右の方が気になりますよね。解体を手作業で行ったり、大きな音が出る時は窓を閉めたりと、近隣にも配慮ができるリフォーム会社に依頼することも重要なポイントです。

それでもスケルトンリフォームを選ぶ人ってどんな人?

スケルトンリフォームの費用と工事期間はどのくらい?4

ここでお伝えしたいのは、スケルトンリフォームのメリットは費用だけではないということ。 耐久性や耐震性を高めたり、既存を活かしながら建物の資産価値を上げたりと、構造躯体だけに解体するスケルトンリフォームでなければできないことが多くあります。

今回ご紹介した目安は、あくまでも目安にすぎません。建物の状態や工事の内容によっては、金額が上がったり下がったり、工事期間が長くなったり短くなったりします。「どれくらいの費用と工事期間になるんだろう…」と迷っているなら、ご自身で考えるよりもリフォーム会社に相談するのがおすすめです。その上で、スケルトンリフォームにするか、部分リフォームにするか、建て替えにするかを検討しても遅くはありません。

※関連記事
〈スケルトンリフォームの”魅力”を5分でお伝えします!〉
〈クラフトを支える解体屋さん「きれいに取り外す」〉

スケルトンリフォームで家がどこまで変わる?

スケルトンリフォームのメリットやリフォーム事例を紹介しています。無料相談会も常時開催中。
オーダーメイドでデザイン性の高いプランをご提案します。

SHARE ON
クラフト LINE