〈イベントレポート〉Miele・JAXSON・GROHE・CRAFT 表参道ショールーム巡り | リノベーションスープ

  1. リノベーションスープ
  2. リノベのこと
  3. 〈イベントレポート〉Miele・JAXSON・GROHE・CRAFT 表参道ショールーム巡り

〈イベントレポート〉Miele・JAXSON・GROHE・CRAFT 表参道ショールーム巡り

ミーレ・ジャクソン・グローエ・クラフトのショールーム見学ツアー181118

先日、リノベーションスープ主催のツアーイベントを開催しました。これまでリノベーションスープでご紹介した、〈ミーレ〉〈ジャクソン〉〈グローエ〉〈クラフト〉のショールーム見学ツアーです。

気持ちのよい秋晴れの日曜日の朝、ミーレ・センター表参道で待ち合わせ。みなさんポツポツと集まって来てくださいました。

〈コース1〉ドイツの国民的ブランド〈Miele/ミーレ〉

隈研吾さんが設計したというミーレ・センター表参道。一面ガラス張りの、眺めのよい2階にご案内いただきました。ミーレが家族経営であること、今年120周年を迎える歴史ある企業であることなど、座学からスタート。

その後は、クラフトのリノベーションでも人気の〈食洗機〉のデモンストレーションです。

ミーレ・ジャクソン・グローエ・クラフトのショールーム見学ツアー181118

「ざっくり入れても大丈夫」「下洗いはしなくてもよい」「音はとても静か」「繊細なワイングラスもぴかぴかに」など、忙しい主婦の心に響くポイントばかり。

実際にみなさんに食器を入れていただき、スプリンクラーが回って洗浄している様子を見てみました。

ミーレ・ジャクソン・グローエ・クラフトのショールーム見学ツアー181118

続いて、ミーレのスチームオーブン。見た目がクールなことは言うまでもありませんが、注目したいのはその機能性。蒸気がすばやくかつ均等に分散するため、お料理がおいしく仕上がります。

スチームオーブンでつくったケーキと、コーヒーマシンで淹れたコーヒーをいただいていたら、あっというまに50分過ぎてしまいました。名残惜しさがありつつ、次の会場へ向かいます。

同じ青山4丁目なので、徒歩7分ほどで到着。

〈コース2〉日本が世界に誇る〈JAXSON/ジャクソン〉

ミーレ・ジャクソン・グローエ・クラフトのショールーム見学ツアー181118

ジャクソンでは、まずはグラスルーチェで会社の概要や導入事例をご案内してくださいました。ジャクソンは海外の一流ホテルで使われていることもあり、”海外ブランド”だと思っていらっしゃる方が多いのですが…実は日本生まれです。

創業者の清水会長が、コンセプトの立案からデザインまで行っていることなど。ふだんは語られない情報に、みなさん大きくうなずかれていました。

ミーレ・ジャクソン・グローエ・クラフトのショールーム見学ツアー181118

その後は、ショールームを自由にご見学。ジャグジーに興味津々のおふたりです。アクリルバスで、白さが際立つこともジャクソンの特徴。お水を張ったバスタブでは、ジャクソンブルーの美しさを見ることができました。

”家族で入浴する”ためのバスタブモデルも多く、日本の入浴文化を大切にしているジャクソンの考えが、製品にしっかりと反映されています。

ミーレ・ジャクソン・グローエ・クラフトのショールーム見学ツアー181118

「せっかくだから」と、バスタブの中に入ってくださった奥さま。自分の他に誰もいない店内だと緊張しますが、大勢で盛り上がっていて、こんなこともできちゃう雰囲気です。

「別荘のバルコニーにバスタブを置きたいの」というステキな構想をお持ちの方も。やっぱりジャクソンは、夢を見させてくれます。

〈コース3〉ドイツ生まれの〈GROHE/グローエ〉

ミーレ・ジャクソン・グローエ・クラフトのショールーム見学ツアー181118

ジャクソンと同じビルの2階に、グローエがあります。グローエでは、シャワーヘッドやキッチン水栓を見学しました。最新のテクノロジーを搭載した炭酸水ウォーターシステム、”グローエブルー”の試飲も。バーラウンジなどにオススメの水栓です。

キンキンに冷えていて、「とても飲みやすくて美味しいです」とお客さま。

ミーレ・ジャクソン・グローエ・クラフトのショールーム見学ツアー181118

ほかにもスタイリッシュな水栓が並んでいて、店内からは「かっこいいわ〜」という声が。水栓1つで、キッチンがぐっとかっこよくなります。これからキッチンをリノベーションする方には、ぜひこだわっていただきたいものです。

そして、ジャクソン・グローエから徒歩3分ほどの場所にある、クラフトに移動します。

〈コース4〉デザインリノベーションの〈craft/クラフト〉

ミーレ・ジャクソン・グローエ・クラフトのショールーム見学ツアー181118

まずは「おつかれさまでした」と、お茶とお菓子でひと休みしていただきました。この時点で、ショールームをたて続けに3件回っています。

その後クラフトのスタッフより、青山モデルルームの設計のポイントをお話させていただきました。工事前の写真をご覧いただくと、「こんなに変わるんだ〜」と驚きの声も。

ミーレ・ジャクソン・グローエ・クラフトのショールーム見学ツアー181118

モデルルームは語るよりも、「感じていただく」ことが大切かな…と、その後はフリータイムに。ヨーロピアンオークの床や、ルーバー、トラバーチン(大理石)にご興味をもつ方も多く、たくさんの方からご質問をいただきました。

あるお客さまは「ミーレやジャクソンに興味はあったけど、ショールームにはなんだか入りにくかったんです。今回こんなイベントがあってよかった。ただ高いだけではなく、きちんと理由があるんですね。これまでと見方がかわりました」と、話してくださいました。

2.5時間の短い間で、お時間が足りないくらい充実した内容でした。ご参加されたみなさんにとって、新しい発見があったとしたら、私たちもうれしいです。

来年にまた開催したいと思いますので、今回チャンスを逃してしまった方は、ぜひお申込みください。こちらのリノベーションスープで告知させていただきます。

*ミーレ・松原社長のインタビュー記事はこちら*
〈トップインタビュー『Miele Japan/ミーレ ジャパン』〉

*ジャクソンの創業者・清水会長のインタビュー記事はこちら*
〈トップインタビュー『JAXSON/ジャクソン』〉

SHARE ON
クラフト LINE