キッチンは水栓が命? ドイツの水栓ブランド、GROHE(グローエ)の魅力 | リノベーションスープ

  1. リノベーションスープ
  2. リノベのこと
  3. キッチンは水栓が命? ドイツの水栓ブランド、GROHE(グローエ)の魅力

キッチンは水栓が命? ドイツの水栓ブランド、GROHE(グローエ)の魅力

グローエ水栓
リノベーションcraft

GROHE(グローエ)というブランドをご存知ですか?

1936年創業、トップクラスを誇るドイツの水栓ブランド。みなさんも「グローエの水栓」「グローエのシャワー」という言葉をどこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ではなぜ、「グローエ」の名がここまで日本に浸透したのか。

それは、日本人の感性とドイツ生まれグローエのコンセプトが、ぴたりとフィットしているからです。グローエの魅力をわかりやすくまとめました。

【イベントのお知らせ
Miele・JAXSON・GROHE・CRAFT 表参道ショールーム巡りを開催します!新しい発見を探す旅。詳しくはこちらの記事をご覧ください。
〈11/18(日)開催! Miele・JAXSON・GROHE・CRAFT 表参道ショールーム巡り〉

キッチンの水栓にこだわるべき理由

「そもそも、なぜキッチンの水栓にこだわる必要があるの?」

なんて思うかもしれません。しかしクラフトのリノベーション事例からもわかるように、もはやキッチンは住まいの主役です。リビング・ダイニングの中央に”見せる”キッチンをレイアウトするスタイルは、日本でも定着してきました。

有機的な造形のアクセントとなる水栓。洗練された輝きとシルエットで、キッチンをより美しく見せてくれます。スーツの着こなしをコンプリートしてくれる時計といったところでしょうか。

ドイツのミニマルデザインを象徴するグローエは、モダンなキッチンにフィットします。

グローエとハンスグローエの違いは?

グローエ水栓
GROHE

「グローエとハンスグローエって、どこが違うの?」
「一緒のブランドじゃないの?」

と思っている方も多いようです。たしかにどちらもドイツの水栓ブランド。

実は、ハンスグローエの創業者の息子がはじめたのが、グローエ。遡れば親子ですから、混同されるのもムリはありません。しかしグローエとハンスグローエには、決定的に大きな違いがあるのです。

〈グローエ〉
・テクノロジーにこだわりがある
炭酸水の出る水栓など、最新技術を取り入れた製品ラインナップ

〈ハンスグローエ〉
・デザイン性にこだわりがある
社外のデザイナーとコラボしながら、革新的なデザインを発信

シンプルなデザイン・最先端の機能性を求めるならグローエ。ちょっと遊び心のあるデザインが欲しいならハンスグローエ。そういう風に選んでみるとよいかもしれませんね。

どちらもショールームがありますので、ご自身の目で確かめてみるのが一番です。

■グローエ ショールーム

■ハンスグローエ ショールーム

グローエでおさえておきたい!3つの水栓をご紹介

グローエの南青山ショールームでは、キッチン水栓やシャワー水栓を見ることができます。まずは個人的に「これは知っておいてほしい」というグローエの3つの水栓をピックアップしました。

MINTA/ミンタ

グローエ水栓
GROHE MINTA

グローエの魅力と言えば、均等なクローム層による深い光沢。シンプルに伝わるのが、こちらの「ミンタ/MINTA」。そのフォルムは完璧な機能美を備えています。高級マンションに導入されていることもあるため、「実はうちがグローエだった」なんて方もいらっしゃるのでは。

吐水口の位置が高く、大きなフラワーベースでも水を注ぎやすい。先端のノブでシャワーへの切り替えも可能です。シンプルながらも、しっかりと実用性を考えられているところがグローエらしい。

使いやすさとドイツのミニマルデザインを両立した、グローエのスタンダードモデルです。

K7/ケーセブン

ミンタとは一転、特徴的なシルエットが際立つ「K7」。オーダーメイドの大きなキッチンに備えても、しっかりと存在感を発揮してくれます。

このスプリング式のノズルは、使いやすさを追求したゆえの造形です。ホースが伸びるタイプに比べてしっかりと固定され・食材を洗う・シンクを洗うといったあらゆるシーンのストレスをなくしてくれます。

たとえば片手に食材を持ち、片手でぐいっとホースを傾けながら洗うことも。また、小さなボタンを押すだけで、泡沫とシャワーが切り替えられます。

インパクトのある存在感と機能性は、ハイクラスの暮らしを求める人から支持されています。

GROHE BLUE/グローエブルー

グローエ水栓
GROHE BLUE

グローエのテクノロジーを体現したウォーターシステムがこちら。

自宅の水栓から炭酸水が出てきます。これ以上ないくらい冷えきっていて、フレッシュな味わい。浄水・微炭酸・強炭酸と、お好みで選べることもポイント。ハンドルを回して調節するだけという、シンプルな使いやすさも魅力です。

炭酸水を常飲するするヨーロッパでは、既に人気上昇中だとか。モヒートからハイボールといったお酒はもちろん、フリットの衣に使うとサックリとした仕上がりに。

「ペットボトルを出さない」というメリットを打ち出している点も、環境先進国のドイツらしいですね。

まとめ

グローエの水栓についてご紹介しました。

美しいキッチンには欠かせない水栓。なかでもグローエの水栓は、ハイテクノロジーな機能性とドイツらしいシンプルで美しいフォルムが特徴です。

「どれにしたらいいかわからない」という方は、デザインよりもまずは使い心地からセレクトするのがおすすめ。人間工学に基づいて設計されたラインナップの中から、きっとライフスタイルにフィットするものがみつかるはず。

表参道にショールームがあるため、気になる方は訪れてみてはいかがでしょうか。

〈ツアーイベント開催!〉
2018年11月18日(日)には、リノベーションスープ主催のショールームツアーイベントも開催。詳細が決まりましたら、リノベーションスープでお知らせします。お楽しみに!

表参道・骨董通りにあるGROHE(グローエ)のショールーム。ビルの1階にはバスタブのJAXOSN(ジャクソン)ショールームが入っています。

SHARE ON
クラフト LINE