玄関のインテリア、モダンからシノワズリまで8事例 | リノベーションスープ

  1. リノベーションスープ
  2. インテリアのこと
  3. 玄関のインテリア、モダンからシノワズリまで8事例

玄関のインテリア、モダンからシノワズリまで8事例

玄関のインテリア、モダンからシノワズリまで8事例
玄関のインテリアにこだわる リノベーションのcraft

「うちはマンションだから、玄関のインテリアはどうしようない…」と諦めていませんか? しかし玄関は、住まいの第一印象を決める大事な顔。リノベーションなら広さもインテリアも、理想どおりにできます。

今回は、グレーインテリア・シンプルモダン・ブラックインテリア・北欧・ラフ・ヴィンテージ・和モダン・シノワズリのテイストでリノベーションした8つの事例をご紹介。

お好きな玄関のインテリアを探してみてください。

玄関のインテリア〈グレーインテリア〉

殺風景になりがちなマンションの玄関。そこで、グレージュでまとめたLDKを思わせるような、上品な玄関にリノベーションしました。

正面の壁にグレーの石を貼り、ライトで照らして凹凸を強調。重厚な石に視線が注がれるように計画しています。

床にはオフホワイトのタイルを採用し、石壁がより引き立つように。何も飾らないシンプルな空間を、タイルや石が上質に彩ります。

玄関のインテリア〈究極のシンプルモダン〉

「無機質な空間にしたい」というリクエストに応え、玄関~LDKまで白で統一しました。壁のスリットからは、イノセントな光が優しくこぼれ落ちています。こういう空間は、できれば余計な小物は置かず、空気感そのものを楽しんでほしいですね。

シンプルだけど、ゲストの記憶の深いところに留まる美しい空間。光や壁による陰影を巧みに利用した、究極のシンプルモダンな玄関です。

玄関のインテリア〈ブラックインテリア〉

床・壁・天井をすべて黒で統一したブラックインテリア。ダウンライトの光が床や壁に陰影をつくり、静謐な空気がただよっています。

ふと顔を上げると、ヴィヴィットな色彩の絵に視線が導かれます。飾るものはこの絵一枚だけ。まるでこの絵を飾るためだけにつくられたギャラリーのように、アートとの完璧な調和を見せています。

玄関のインテリア〈北欧〉

玄関のインテリア、モダンからシノワズリまで8事例

シックな北欧ヴィンテージをイメージしたリビング・ダイニングを感じられるよう、玄関のインテリアは趣のある素材でまとめました。

床は、赤茶色のタイルを網代(あじろ)貼りに。白い目地でタイルの存在を強調し、タイルの歪みや凹凸を際立たせています。

壁は純白の漆喰で仕上げました。光が当たると波打つ水面のような表情があらわれ、神聖な気分に包まれます。北欧のどこかの小さな村の、教会に続く小道を歩いているようなひっそりと気分になりそうです。

リビング・ダイニングのニッチ(飾り棚)は、ちょうど玄関のアイポイントとなる位置に設置しました。

玄関のインテリア〈ラフ〉

コンクリート躯体あらわしの天井に、むき出しのパイプでラフなイメージに。土間は墨入りモルタル、上がり框は黒皮鉄。玄関ホールの床は、古材のようにざっくりとしたフローリングを使用しました。

廊下の先にはガラスを入れた木製框戸を。ガラスの向こうまでフローリングが伸びやかに続き、その先にはさわやかな緑の景色が広がります。

ヴィンテージ感のただよう玄関のインテリア。これから経年変化もたのしめそうです。

玄関のインテリア〈ヴィンテージ〉

インテリアとしての大きな役割を果たしているのが、アンティーク煉瓦の壁です。一枚ごとに形や色の異なる煉瓦。目地の入れ方を工夫し、実際に積み上げたようなリアルなボリューム感をつくりました。

さらに間接照明で陰影をつくり、経年の趣をたっぷりと感じられるように。土間には自然に風化したような石調のタイルを使用。

玄関ホールの床は、エイジング加工を施したボルドーパインのフローリングを張りました。玄人好みのヴィンテージな玄関です。

玄関のインテリア〈和モダン〉

アンティークの家具や小物とともに暮らす住まい。玄関のコンセプトも当初から明確でした。

玄関は組子細工で仕切り、おだやかに視線を遮ります。和のテイストに合わせて図柄と色を決定し、オーダーメイドで製作。

ご愛用の岩谷堂箪笥がフラットに納まるように、壁面を凹ませたこともポイント。下がり天井によって和室の床の間のような趣に。奥さまが生けた雅な花が、季節ごとにあでやかに玄関を彩ります。

玄関を開けた瞬間に、古都を訪れたような懐かしさと親しみやすさを感じる玄関です。

玄関のインテリア〈シノワズリ〉

「飾ること」を前提に、空間構成とデザインを決定しました。

玄関前は、クランクしていた廊下を直進に変更。壁には大谷石を貼り、ピクチャーレールを設けて絵や掛け軸を設け、ギャラリーのような玄関に仕上げています。

また、収納を兼ねたカウンターには小物や花を飾ることができるように。季節ごとに変わるディスプレイで、家族やゲストの目をたのしませます。間接照明で縦横ラインを強調し、スポットライトで陰影をつくるなど、ライティングにもこだわりました。

シノワズリを意識した格子の建具の先に、おぼろげに映るリビングの様子。春になると窓ガラスの向こうに見事な桜が広がります。

まとめ

玄関のインテリアの事例をご紹介しました。

石の壁がアクセントの〈グレーインテリア〉
白でまとめ、陰影で表情をつくる〈シンプルモダン〉
黒のなかに鮮やかな絵が冴えわたる〈ブラックインテリア〉
赤茶のタイルと漆喰が古い教会を思わせる〈北欧インテリア〉
素材感をたっぷりと感じさせる〈ラフなインテリア〉
リアルなアンティーク煉瓦の〈ヴィンテージ〉
組子細工で雅な和の趣をたのしむ〈和モダン〉
ギャラリーのように仕上げた〈シノワズリインテリア〉

まだまだテイストは無限にありますが、共通していることは、

・リビング・ダイニングの雰囲気を予感させていること。
・しっかりとコンセプトを立て、床・壁・天井の素材を選んでいること。
・余計な小物を飾らず、空間そのものを感じさせること。

玄関のイメージはそのままリビング・ダイニングまで続き、住まい全体の印象を大きく左右します。これからリノベーションをお考えの方は、玄関のインテリアにもこだわりましょう。

SHARE ON
クラフト LINE