東京の中古戸建てが人気! チャンスが訪れた…? | リノベーションスープ

  1. リノベーションスープ
  2. 不動産のこと
  3. 東京の中古戸建てが人気! チャンスが訪れた…?

東京の中古戸建てが人気! チャンスが訪れた…?

東京の中古戸建てが人気! チャンスが訪れた…?

「都内の戸建てなんて、とてもじゃないけど買えない…」

なんて思っていませんか?

都心の戸建ては高い。マンションのほうが安い。このセオリーが、中古に限っては覆されようとしています。

その結果、2016年上半期、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)で戸建ては売れ行きが好調。成約戸数は6913戸。中古マンションにはとてもかないませんが、統計公表をスタートして以来の最高水準となったそうです。

東日本不動産流通機構「月刊マーケットウォッチ」より

中古の戸建てを買って、好きな間取りやデザインにリノベーションをする人々が増えています。今、東京の中古戸建てに何が起こってるのでしょうか。

東京・神奈川は初の2000戸を突破! 中古戸建てが好調

中古マンションと比べると、これまでイマイチ勢いがなかった中古戸建て。しかし昨年あたりから、おだやかに活気を取り戻してきました。

東京と神奈川をピックアップしてみます。

〈東京都〉成約戸数2046戸 平均成約価格4337万円
〈神奈川県〉成約戸数2045戸 平均成約価格3205万円
※2016年上半期/東日本不動産流通機構「月刊マーケットウォッチ」より

このように東京と神奈川はどちらも近年の最高水準となっているそうです。

そして今期の中古戸建て市場のもう1つの特徴が、前年の同時期よりも価格が下がっていること。実はこれが、中古の戸建てが人気な理由の1つなのです。

東京の中古の戸建ての人気が回復してきた3つの理由

〈理由1〉中古マンションとの価格差がわずかに

昨年から中古の戸建てが好調なのは、2つの理由があります。

その1つが、先ほどもお伝えした価格の下落。 ここ数年、中古マンションの価格はものすごく高くなっていますよね。これに対して中古の戸建ては下がりっぱなし。中古マンションとの価格差が100万円 台になっているエリアもあるほどです。(ただし都心10区のようなエリアは土地が高いため、中古マンションとの価格差は依然として開きがあります)

さらに〈中古戸建て購入+リノベーション〉の総額は、基本的には新築よりも20~30%程度コストを抑えることができます。(購入物件やリノベーションのグレードによります)

これまで「マンションしかムリだよな~」なんて思っていた方も、ちょっと背伸びをすれば手が届くように。中古の戸建ての売れ行きがよくなってきた背景には、こうした理由があるのです。

〈理由2〉中古の戸建を安心して買える環境になってきた

東京の中古戸建てが人気な理由はさらにもう1つ。安心して買える環境になってきたこと。

これまで、中古の戸建てを買う人々には
「耐震性は大丈夫なのかしら..,」
「柱や梁はまだ使えるのかな」
「聞いたことない工務店が建ててるけど…」

なんてさまざまな不安がありました。とくに築年数が古ければ古いほど、心配になりますね。

そうした不安を払拭するため、独自の保証サービスを行う大手仲介会社も出てきました。またホームインスペクション長期優良住宅リフォーム認定制度も、買い主の不安をなくすための取り組みの1つですね。

購入前に建物の状態をしっかりと調査して「問題ない」とわかれば、誰もが安心して買うことができます。

〈理由3〉戸建ての評価方法が変わってきた

そして中古戸建てが好調なもう1つの理由に、評価方法が変わったことが関係しています。

日本の木造戸建ては、築20年ほどで建物の価値が0になるとされていました。そのため担保評価額が低く、住宅ローンで必要な金額を借り入れられず、購入を諦めざるを得ないという問題がありました。

そこで、国土交通省は「リノベーションやメンテナンスで状態がよい建物は価値がある。これからはきちんと評価しようじゃないか」と声をあげたのです。戸建ての評価方法が、”築年数”ではなく”建物の機能性”で評価されるようになってきました。

築20年以上の古い戸建ても、リノベーションによって価値がアップします。こうした安心感も、中古の一戸建の人気回復につながっています。

このほか、中古戸建てのリノベーションにはさまざまなメリットがあります。もしご興味がありましたら〈中古戸建てリノベーションがオススメな本当の理由!〉の記事も読んでみてください。

まとめ

東京の中古戸建て事情をご説明しましたが、いかがでしょうか。

中古戸建ての人気が出てきた理由に
・中古マンションと変わらないほど値下がりしていること
・安心して買えるようになったこと
・戸建ての評価方法が変わってきた

の2つがあげられます。

もちろんこれまで他人が暮らしていたわけですから、間取りやデザインが好みではない場合もあるでしょう。購入時に、ご家族のライフスタイルや好みに合わせてリノベーションする方も少なくありません。それでも、新築を購入するよりはコストを抑えることができ、新築と変わらない安心感があります。

これまで戸建てを考えていなかった人々の中にも、戸建てを視野に入れる人が増えてくるのではないでしょうか。

ご希望のエリア、理想の間取り、ライフスタイルをヒアリング。リノベーションにぴったりな都心の中古戸建てを、予算内で紹介します。
 
craftの仲介+リノベーション

SHARE ON
クラフト LINE