お客様インタビューvol.33「コンパクトに暮らしたい」 | リノベーションスープ

  1. リノベーションスープ
  2. お客様の声
  3. お客様インタビューvol.33「コンパクトに暮らしたい」

お客様インタビューvol.33「コンパクトに暮らしたい」

戸建てにお住まいだったYさんご夫婦。お子さまが独立した後、「コンパクトな暮らし」を求めてマンションへ住み替えを決意。物件探しからクラフトにご依頼いただきました。

暮らしに合った間取りや収納、シンプルなインテリア。住まいは狭くなったものの「とても快適。これまで余分なスペースが多かったことに気がつきました」とYさん。

物件探しとリノベーションのこだわりをうかがいました。

「暮らしをもっとコンパクトにしたい」とマンションに住み替え

お客様インタビューvol.33「コンパクトに暮らしたい」

CRAFT(以下C):本当にすっきりとお住まいですね。余計なモノが一切、出ていません。もともとは戸建てにお住まいだったそうですが、今回マンションに住み替えたきっかけを教えていただけますか?

ご主人さま:子供が独立し、夫婦2人に戸建ては広すぎるように感じました。階段の上り下りも大変で、年齢的にも「暮らしをもっとコンパクトにしたい」と。それでマンションに住み替えることにしました。

奥さま:はじめは新築を探していましたが、間取りはつまらないし、自分たちの暮らしがイメージできない。それで、中古マンションを買ってリノベーションすることにしたんです。

やっと出会えた、「理想の暮らし」ができそうなマンション

C:「暮らしをコンパクトに」という、明確なコンセプトをお持ちだったんですね。クラフトの不動産担当には、どのようなご希望を伝えましたか?

奥さま:まずお話ししたのは、私たちの趣味です。主人は園芸やスケッチ、ゴルフ、スキー。私は着付け。「趣味を楽しみながら暮らす」ことが、私たちの理想だったものですから。

そのうえで、物件の希望をお伝えしました。ルーフバルコニーがあって、駅から近くて、妹の家にアクセスしやすい沿線で…。ご担当の方には、条件に合った物件をたくさんご紹介いただきました。

お客様インタビューvol.33「コンパクトに暮らしたい」

C:そのなかで、こちらの物件に決め手はどこにありますか?

ご主人さま:まず街の雰囲気がよかった。商店街があって、前に住んでいたところに似ていて、落ち着くんですよ。それと駅から近くてフラットな道のり、窓やバルコニーからの眺めも素晴らしい。「ここなら理想の暮らしができそうだ」と思いました。

何気なくつぶやいた事まで、図面に描かれていたからびっくり

お客様インタビューvol.33「コンパクトに暮らしたい」

C:物件が決まったら、いよいよ本格的にプランニングがスタートします。どのような理想をお持ちだったのでしょうか?

奥さま:「二人でコンパクト&スムーズに暮らせること」「持ち物がきれいに納まること」でした。

C:とてもシンプルですね。

奥さま:はい。もちろんデザイナーさんにはもっとお話をさせていただきました。趣味のお話、持ち物の量、それから親戚が年一回集まること、子供が泊まるスペースが欲しいことなど…。要望はたくさんお伝えしましたね。「こんなことできるのかな」なんて思いながら(笑)

でも数週間後にいただいたラフプランを見たら、どれも思った以上のプラン! 何気なくつぶやいた事まで、図面に描かれていたからびっくりしました。

玄関~個室~ルーフバルコニーまで、モルタルの土間続き

お客様インタビューvol.33「コンパクトに暮らしたい」

C:具体的には、どの部分のご提案がうれしかったですか?

ご主人さま:やっぱりルーフバルコニーです。モルタルの土間が、玄関~私の個室~ルーフバルコニーまで続いているから、アクセスしやすい。晴れた日にバルコニーで花の手入れをしていると、とても気持ちがいいですよ。

お客様インタビューvol.33「コンパクトに暮らしたい」

C:この土間には、そんな意図があったんですね。玄関から入ってすぐ、両サイドにオープンの個室があることも驚きました。

奥さま:それは「玄関スペースを広げるため」です。デザイナーさんに「玄関の狭さが気になります」とお伝えしたら、広い土間をご提案くださいました。個室の引き戸を開けておけば、玄関ホールがとても広く感じられるんです。それに両サイドの窓から光が入るから、随分明るくなりました。

C:マンションは「玄関が狭くて暗い」というお悩みをよく耳にしますが、プランでうまく解消されていますね。

持ちものの量やサイズに合わせて、ぴったりの収納を計画

お客様インタビューvol.33「コンパクトに暮らしたい」

ご主人さま:暮らしてみて、「ここはよかったな」と気づいたことがたくさんあります。たとえば窓際のベンチ。ルーフバルコニーへのステップなんですが、お雛さまを飾ったり、昼寝をしたり。ちょうどコーナーなので、ここに居ると北東の窓から空が見えて気持ちがいいんですよ。

リビングは引き戸を閉めると個室に。子供が泊まる時は、ソファがベッド替わりです。

C:こちらのマンションは、以前の戸建ての半分ほどの広さだとか。お持ちの荷物を納めるのは、大変だったのではないでしょうか?

奥さま:そうですね。「どこに何を納めるか?」を自分で図面に描き込んで、暮らしているところをイメージしてみました。導線や、持ち物のサイズに合わせて収納を計画していただいたんです。お鍋や食器、着物、着付けの練習で使うボディも、すべて使いやすい場所にぴったりと収納されています。

C:自分の持ちものの量やサイズをしっかり把握して、収納を計画されたんですね。

お客様インタビューvol.33「コンパクトに暮らしたい」

ご主人さま:ここで暮らしてみると、これまで”余分なスペース”が多かったことに気がつきました。収納を工夫すれば、コンパクトなスペースで十分に暮らしていけるんですよ。

物件探しもリノベーションも、スムーズ。ワンストップでよかった

C:実際に物件購入~リノベーションまでやってみて、気がついたことはありますか?

ご主人さま:「どうせやるなら早い方がいい」ということです。我々のような年齢になると、「暮らしをコンパクトにする」ことがとても大切になってきます。ですが、物件探しも引越しも、だんだん負担になる年齢。できるだけ早く、将来に合わせて住まいを整えておくべきだと思いますね。

あとは、「ここなら思ってる以上のことをやってくれそうだ」という会社を見つけること。そういう意味で、クラフトさんのワンストップサービスはとてもよかったです。物件もリノベーションも、スムーズで期待以上のものでした。

※この物件の詳しい事例は、〈リノベーション事例#17026〉からご覧ください。

クラフトで物件探し〜リノベーションまでサポートした事例を多数ご紹介しています。物件探しからスタートするなら、ぜひご覧ください。

SHARE ON
クラフト LINE